1. >
  2. 電子書籍リーダーとの出会い。

電子書籍リーダーとの出会い。

私が電子書籍を使うようになったきっかけはとある書店で案内を受けたことでした。当時は今ほど電子書籍というものが普及していなかったものの、存在自体は知っていました。

まあ、そこで案内を受け買ったはいいものの、結局はあまり使わずタンスの肥やしとなってしまったのですが。

そこから数年後、部屋に本の置き場所がなくなってしまったのでどうしようかと思いあぐねていた時、電子書籍リーダーの存在を思い出し使ってみることにしました。

クレジットカードの登録が必要だったり面倒なこともありますが、今となっては欠かせない存在となりました。

電子書籍の便利さと違和感

又吉 直樹の「火花」を読みたくてReaderで電子書籍を初めて購入しました。

最初は少し違和感がありましたが、10ページも読めば慣れてきて便利だなと感じてきました。

当たり前のことなのですが便利な点は照明が無くても読めることには画期的です。

違和感は「匂い」がないことです。独特の紙とインクの匂いが無いのには少し寂しさを感じました。

しかしタブレットやスマートフォン一台でいくらでも好きな本を読める事は魅力的で今後ますます増えてくると思いました。

何事も体験せねば

電子書籍というと私自身は基本的に嫌いでした、。本と言うのは近くの書店や図書館などで買ったり借りたりして自分の手元に置いて読むものだと思っていました。その方が本の温もりを肌で感じられるし、サアー読むぞという意欲が必然的に沸き起こるような気がしていました。

ただ電子書籍を否定するばかりでは脳がないので一度立ち読みまでアクセスしてみました。本屋さんで立ち読みするよりゆっくり立ち読みができますし、色々自宅にいて吟味できてこれもありかなあと最近は思い始めています。何事も試してみなくてはと感じました。

電子書籍にはメリットとデメリットがある

電子書籍は端末に多くの本を保存できる為、持ち運びに非常に便利であり、通勤途中で読むには大変重宝しています。

また、紙の本より安価で購入でき、本屋にいかなくても端末1つあれば購入できる点がよいです。

反面、長時間画面を見続けていると、紙の本より目が疲れやすく、また慣れれば問題ないと思いますが、本来の紙の本を読んでいるような手ごたえはありません。

会社のマニュアルを読んでいるかのような感覚がいつまでもあります。

メリット、デメリットはそれぞれありますが、多くのメリットがあると思っています。