わたしが、電子書籍を利用しない理由。

わたしは、電子書籍を購入、閲覧等をした事がほとんどありません。

それでも、おおよそのシステムは理解しているつもりです。

電子書籍を利用するメリットは、書店に在庫が無いような書籍でも、インターネットを介して、すぐに購入、購読でき、なおかつ、紙媒体では かさばってしまうような大量の書籍をスマホやタブレット一つで持ち歩ける事だと思います。

しかしながら、わたしが利用した事が無い理由がいくつかあります。

まず、一つに購入する手続きが面倒。

他には、スマホやタブレットで長編の書物を読むのは疲れそう等の理由があります。

おそらく、今後しばらくも、わたしは電子書籍を利用する事は無いでしょう。

電子書籍と一緒に旅に出よう

電子書籍で一番気になるのは、旅行雑誌を電子書籍化したものです。よく旅行雑誌を旅行に持っていくのですが、持って歩くにはかさばるのと数冊になると重たいというのが悩みです。しかし、電子書籍ならそういった悩みも解決できます。スマホ一つで好きなだけ情報を持ち歩くことができ、書店がなくても電波の届く場所にいる限りいつでもどこでも簡単に買うことが可能です。

私はまだ電子書籍で購入したことはないですが、今度まとまった休みの時に旅行に行きたいと考えています。その時には旅先の観光雑誌とその時電車の中で読む本を電子書籍で買う予定です。

電子書籍端末、いろいろ悩んで、買ってません

趣味が読書なので本は読んでいる方だと思います。(年間200冊ほど)

本を買うと部屋が本で占められて部屋が狭くなるというのは切実な問題です。なので最近はハードカバーの大きな本は買わずに文庫本か新書がほとんどです。

電子書籍の端末を購入して本はすべて電子書籍というのも考慮したことはありますが、いろいろ考えてやめました。考えたことを以下にまとめます。

①スマートフォンやタブレットの画面は長時間読むとライトで目が疲れるので電子書籍端末としては論外。買うならkoboなど、目がつかれない電子ペーパーの端末を買います。

②休日など、ポケットに本をいれて手ぶらでカフェへ行き読書をするので、ポケットに入れられる文庫や新書は良いですが電子書籍はデカすぎてポケットに入らないので不便。

もっとコンパクトでポケットに入る端末ができたら考えるかも。

③電子端末はおとしたりして壊れたらと考えると不安。もっと頑丈なものができれば考えるかも。

電子書籍は、もっと紙の本を圧倒すると思っていました。

もう5~6年前になりますが、仕事の付き合いで電子書籍リーダーを買いました。

当時の勢いではレコードがCDに、ビデオテープがDVDに変わった時のように、あっという間に紙の本が淘汰されてしまうような感じを受けましたが、意外とダラダラ紙の本も生き延びています。

紙と電子の両方を体験してみて、どちらも書いてある内容を頭に入れる作業として見た場合は同じだと思うのですが、読書の楽しみってそんな味気ないものでしょうか?その辺りが紙の本が今でも生き延びていられる理由のひとつであるような気がします。

また、電子書籍リーダーを使ってみて、意外と重い、そして充電が鬱陶しいという部分にストレスも感じました。やっぱり私は紙派です。

勿論これは小説しか読まない私の意見で、辞典などでの調べものだと、圧倒的に電子の勝利のような気がしますし、これからは教科書も電子化されて来ます。そういう環境で育って来た子供達はやはり電子を選択するような気がします。

電子書籍の手軽さ便利さ

本を持ち歩かなくても、スマートフォンで本を読めることは魅力的だと思います。本だと厚かったり重たかったりして、鞄の幅やスペースを奪ってしまうけれど、スマートフォンだとそれがないところです。拡大したいところは大きくできるのでそういうところも気に入っています。何冊の本を持ち歩くより、電子書籍にて購入すればスマートフォン1つで済むから楽です。電子書籍は時期によっては無料で読むことができるところも良いところの1つだと思います。

dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78
(⇒http://xn--d-zeuqb7j6d.com/)
dマガジン 会員登録